2010年01月30日

介護従事者の給与、9000円上昇=09年度報酬改定で実態調査−厚労省(時事通信)

 2009年度の介護報酬改定で初の3%アップとなった結果、介護施設で働く従業員の09年9月時点の平均給与が23万1366円となり、前年同月比9058円上昇したことが25日、厚生労働省の実態調査(速報値)で明らかになった。改定当時は、上昇分を全額職員給与に充てれば月額2万円の引き上げにつながると想定されたが、上昇幅は半額程度にとどまった。
 特に低賃金が問題となっているホームヘルパーなど介護職員の給与は19万9854円で、同8919円アップだった。厚労省では、不況で定期昇給が見送られる企業もある中、プラス改定による一定の賃金アップ効果はあったものの、一部は介護施設の運営などに使われたとみている。 

【関連ニュース】
地方公務員給与、6年連続国を下回る=ラス指数98.5-総務省調査
11月給与、2.8%減=18カ月連続マイナス
残業時間の減少率縮小=生産持ち直しで
全都道府県で年収ダウン=景気悪化が影響
全市が年収ダウン=政令市の給与勧告

普天間移設、硫黄島案取り下げ=社民(時事通信)
充電器マルチ NPO運営、信用高める 逮捕の幹部ら 被災者支援PR(産経新聞)
「招福巻」は普通名称=イオンの使用認める−大阪高裁(時事通信)
元事務長、二審も無期=岐阜一家6人殺傷−名古屋高裁(時事通信)
<雑記帳>松井秀喜選手、ハイブリッド型油圧ショベルを運転(毎日新聞)
posted by ツゲ ケンイチ at 14:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。